「省エネタップ」とは?

待機電力は、意外と侮れません。

たとえば、4人家族の場合、待機電力の電気代は平均年間1万円にもなるそうです。

その待機電力解消に役立つのが省エネタップです。

待機電力解消のためにいちいちコンセントを抜くわけにもいきません。

省エネタップなら、スイッチを押すことでコンセントにつないだりコンセントとのつながりを遮断したりできます。

使い方のコツは?

たとえば、待機電力が多い家電とそうでないものがあります。

待機電力ゼロのものは、むしろ、コンセントに直接つないだ方が節電になります。

待機電力が多い家電を省エネタップにつなぐことが重要です。

注意点

エアコンは待機電力が多い家電の代表格のようなものですが、エアコンのコンセントはとてもナイーブで、さしてからしばらくは使わない方がいい家電です。

あまり、コンセントを入れたり抜いたりをすると故障の原因になりやすいので、エアコンはシーズンオフのみコンセントを直接抜くことが重要です。

ほかにも、ビデオデッキなども録画の関係でコンセントに常につないでおいたほうがいいですね。

これらを考慮しつつ、上手に省エネタップを利用していきましょう。

関連するまとめ

USBひざかけでぬくぬくしながら節約しましょ!

USBひざかけって、温かいのに電気代があまりかからない優れものなんですよ~! USBひざかけお試しあ~れ!!…

すこんぶ / 75 view

プチプチシート

ストレス発散によくプチプチするプチプチシート! このプチプチシートも節約につかえるんですよ~! 昔、私は…

すこんぶ / 62 view

シュレッダーをかける手間と電気代と時間を節約したい!その裏技とは

大掃除をしたりすると、処分しないといけない書類がたくさん出てくることがあります。 そんなときは、シュレッダ…

sonorin / 194 view

こまごま節電!おいしくご飯食べましょう!

みなさん毎日お米って炊きますか?お米を炊くのでも節約術があるんですよ~!

すこんぶ / 60 view

わたしは保冷剤で夏を乗り切りました!

貧乏だったわたしは、エアコンを買う事が出来ませんでした。そんな時にやってた節約術を載せちゃいますね。

すこんぶ / 61 view